2011年01月22日

M1911 and Holster with INSULOK

2011年 M1911が制式採用されてから100年を迎えた節目ということで、東京マルイ M1911A1を購入しました。

M1911A1の採用は1911年ではないですけれど。




ECHIGOYA 東京マルイ M1911A1用 オリジナルジュラルミンスライド

タニオ・コバ 東京マルイ M1911A1用 タクティカルフレーム HW を組んでいます。





調整では、蒲田の某マグナムショップさんにお世話になりました。




さて、せっかく45を買ったのにホルスターが無かったので BLACKHAWK ガバメントCQCホルスターを購入。

防弾チョッキ2型にCQC プラットホームでつけようか、と思ったところ

自衛隊装備の方々にはお馴染みの問題が起こったので記事にしました。


  


まずは、ホルスターからベルトループを外しCQCプラットホームを取り付けるのですが。

その際、CQCプラットホームに付属しているネジを使用しましょう。 なぜなら、長さが違います。



左ベルトループ用 右CQCプラットホーム付属ネジ


ケチってベルトループを留めていたネジを流用しようとして 「あ、あれ?届かない」とあせってしまいました。 




さて、後は取り付けるだけなのですが。 









ご覧のようにプラットホームが引っかかりません。

このままホルスターを取り付けてしまいますと、ドロー時に簡単に外れてしまいます。

実は、自衛隊のアーマーは米軍のMOLLEと規格が若干違うのです。 




有名な『これ』も片側しか引っかかりません。 MOLLEが使えないとなると、かなりの装備が制限されてしまいますが 大丈夫です。

ここでは、手軽で安価な解決策の一つをご紹介します。




結束バンド、インシュロック、ロックタイなど正確な名称は分かりませんが。

電気コードをまとめる際に使う『あれ』です。

これでMOLLEに固定します。





ホルスターは強固に固定したいので、容赦なく使いましょう。 ホームセンターなどで20本 300円位ですので、失敗すると切断しか取り外しの方法はないので安価で助かります。





BLACKHAWKのスピードクリップもこのとおり、違和感無く固定できます。


「いまさら何を・・・。」と思われる方が多いとはおもいますが、防弾チョッキ二型の購入を考えていて「MOLLE規格に合わないならどうしよう。」と悩んでいる方の参考になれば幸いです。

他にも、パラコードを使用したりと色々手段はあります。(ミリタリー色はこちらが高め)






以上、米軍化の進むチームで一人 陸自装備に固執する隊員の記事でした。



















同じカテゴリー(M1911)の記事画像
handgun
雑記
漢なら
同じカテゴリー(M1911)の記事
 handgun (2011-10-28 23:52)
 雑記 (2010-10-05 00:38)
 漢なら (2010-04-04 23:40)

Posted by Wolverines at 21:21 │M1911
この記事へのコメント
今日の帰りに久しぶりに蒲田よってお礼言っておいたよん

米軍化を進めたのは誰だよw

次はマルチカム着ましょう、なんてやめてくれよな!


流石に夏になったら自衛隊迷彩復活の予定
Posted by KOTTA at 2011年01月22日 22:30